2018年01月14日

大雪が降り除雪に追われる

金曜日から降った大雪により、愛車に雪が積もりました。

20180114_1.jpg


実は、この写真、一度雪おろしをしたのですが、その後数時間でまた積もった際に撮影したものです。

最初は、全てが雪に覆われ車体が全て隠れ、雪の山があるかの様な状態になっていました。
最初の時点の雪下ろしでは、50センチ位の積雪だったかと。
その状態で撮影しておけば良かったと後で後悔しました。

こうした場合、まず、周辺の雪かきから始まります。
そうしないと、まず車に近づけないですからね。

そして、その後に雪をスノーブラシで下におとします。

落とした雪がまた下にたまります。
量によっては、そのままにして出かけても良いですが、50センチ位の雪を落とすと、落とした雪を更に雪かきする必要があります。(車の前にも落ちるので)

あとは、車の前後等の雪をしっかりと除去しておかないと、動き出しにも困ってしまいます。

ちなみに、私の車はFFなので、前輪部分が埋もれてしまうと行動不能になります。
駐車場が少しだけ傾斜になっているので、バックで駐車する際、後輪が傾斜にかかるあたりの前輪部に雪がたくさんあると、登れずタイヤが空転をはじめてしまいます。
そうした事も考慮し、事前に駐車場前の道路の雪も除去しておく必要があります。

この時期、雪国は大変ですね〜
posted by 車好き at 21:03| Comment(0) | 日記

2018年01月02日

車用のスマホ充電器を購入

1年ほど前の事ですが、スマホ充電器を買い替えていました。

買い替える前の充電器

judenki_1.jpg


リール式となっており、コードが綺麗に収納出来るのが便利な一品でした。

ただ、数年使用したところ、コードの付け根の部分で断線してしまったらしく、充電出来たり出来なくなったりを繰り返したので、代替えする事としました。


新しく買ったのがこちら

judenki_2.jpg

judenki_3.jpg


車だけでなく、コンセントに挿しても使えるタイプです。
旅行などの際、車用、ホテル用と2つ持っていかなくて良いのが便利ですね。


車につけると、、

judenki_4.jpg


ちなみに、その後、ドコモのスマートフォンを買い替えたところ、スマホ側の充電コードの挿し口が別のものにかわっており、こちらの充電器が使えなくなってしまいました。

そこで、ドコモで500円(税抜)で購入したこちらの変換アダプタを購入しました。

judenki_5.jpg


これをつける事で、新しいタイプのドコモスマホにも使用出来ました。

ちなみに、こちらの変換アダプタ、自宅用の充電アダプタなどでも兼用出来ますが、普段から付け替えたりするのは面倒なので、充電器の数だけ用意した方が良さそうです。
(充電アダプタを買い替えるまでの話ですが)
posted by 車好き at 12:17| Comment(0) | 車載アイテム

2017年09月25日

異臭対策で内張りを剥がす対応を取りました

先日のブログ記事で、1年半前に灯油をこぼしの対策の失敗について書かせて頂きました。

以前掲載のブログ記事

要約すると、、

1.2016年3月に灯油をこぼしてしまう

2.灯油吸い取り対策で小麦粉をまく(その時の記事がこちら

3.灯油は、吸い取ったり、内張りを剥がし乾かしたりと軽減するも、それでもある程度残るが、気温の上昇とともに、揮発し解決する

4.2017年5月、後部座席部にたくさんの水がかかる

→ 残っていた小麦粉が腐り、車内が異臭で充満する

というものでした。

内張りを軽く剥がした状態で換気やドライヤーで乾かすなど、色々と対応を取ってみましたが、解決せずにディーラーに持っていきました。

すると、

「内張りはどうしようもない程に臭くなっているので剥がした方が良い」

との事でしたので、剥がす事としました。

後部座席収納状態

201709_1.jpg


座席を上げた状態

201709_2.jpg


この下にたくさんの腐った小麦粉が入っていました。

201709_3.jpg


今回はディーラーの方で座席を外し、その下に入り込んだ腐った小麦粉を除去してもらいました。
点検とともにお願いした事で、この辺りはサービスでやってくれました。
良いディーラーを選んで良かったと思います。

ちなみに、新しいものをつけた場合の正確な金額は聞きませんでしたが、確か1〜2万位だったと思います。
とりあえず、この部分は内張りがなくても支障がないので、当面はそのままにしておく事にしました。

しばらく使ってみて不具合がある様でしたら、次回の点検や車検の時などに合わせてお願いしようかなと思います。