2015年03月23日

日産セレナ 後部座席の畳み方

日産セレナ(2014年)の後部座席を畳んで、大きな物等を運べる様な状態にしている時の写真を撮影しました。

後部のドアを開けた状態

serena_20150323_1.jpg


座席は、後ろからでも倒せる様にレバーがついています。

serena_20150323_2.jpg


背もたれを倒した状態

serena_20150323_3.jpg


青いひもを引っ張ると下部の固定が外れ、座席を上に上げられる様になります。

serena_20150323_4.jpg


座席を側面に上げた状態

serena_20150323_5.jpg


土台部分を収納します

serena_20150323_6.jpg


両側の座席を上げると広いスペースが出来ます。

serena_20150323_7.jpg


現在乗っている2003年に購入したステップワゴンでは、後部座席を片付ける時、上部に強い力で押し上げ、固定用のひもを強めの力で引っ張り、取っ手部分に引っ掛けて固定しますが、こちらは、ほとんど力を入れる事なく簡単に作業する事が出来ます。
また、後部の窓を隠してしまい、視界が悪くなっていたのに対し、今回のものは、窓の下に畳む形となっている為、視界を遮りません。

こういった部分はこれから発売するステップワゴンでも解消されているものと思われます。
(全ての車種に乗った訳ではないので分かりませんが、恐らくここ数年のホンダ車もクリアしている問題だと思います)


下部には収納スペースがあるので、非常用の工具などのアイテムを入れておくと良いでしょう。

serena_20150323_8.jpg
posted by 車好き at 23:17| Comment(0) | 日産セレナ(2014年)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: