2017年01月15日

雪に埋もれた縁石に気付かず乗り上げてしまい、ロードサービスのお世話になりました

日本全国に寒波が襲来し、私が住んでいる地域でも一晩で大雪が降りました。

そうした事もあり、滑らないようにスピードを出さない様にしたり、早めにブレーキをゆっくり踏むように気をつけていましたが、1件ミスを犯してしまいました。

今回のミスというのは、縁石への乗り上げです。

といっても、普段であればほぼ間違いなくそういうことはしません。

では、一体どういう状況でそのミスをしてしまったのかというと、、

お店の駐車場から出る時、入ったところとは別に出口らしい箇所が見えました。
少し雪があったのですが、人が通った足跡などもあり、雪を踏みながら行こうと思いました。

しかし、敷地を出た瞬間、車が全く動かなくなりました。
外に出てみてみると、、

20170115_1.jpg

20170115_2.jpg


写真では伝わりにくいかもしれませんが、ブロックに乗り上げています。

しかも、前輪が両輪とも乗り上げた訳ではなく、左の前輪のみが乗り越えた状況です。

これは斜めに出ようとしたのが原因です。
恐らく真っ直ぐ出ようと両輪が越えたのであれば、車体の下の傷などを気にしない様にすれば、脱出は可能だったと思いますが、片輪だけ越えたこの状況は、自力ではどうする事も出来ませんでした。


気付かずに行こうとしてしまった原因としては、雪で見えませんでしたが、13センチ程の高さのブロックが雪に埋もれていたからです。

20170115_3.jpg


そして、歩行者はこんなのは関係ないので、人が通った後はたくさん残っており、それが、
「ここは通る事が出来る」
と錯覚する原因でもありました。


押してもらったりしたのですが、結局出る事が出来ず、自動車保険のロードサービスをお願いすることに。。

私が加入しているのは、損害保険ジャパン日本興亜です。
同社のロードアシスタンスは、15万円までの作業費は無料というものでした。
ただ、雪でのスタックなどは全額自費とのアナウンスだったので、自費も覚悟していたのですが、雪の下からブロックが出てきた事で乗り上げと判断され、ロードアシスタンス適用となりました。


きてくれた人は、比較的近くにいた保険会社の委託業者の人で、その時持っている装備の中から対応をしてくれることに。
単に引っ張るのではなく、車体に傷がつかないように引き上げ、下に板を敷いて出るという対応との事でした。
ジャッキは、雪などもあり危険な可能性もありそうなので、クレーンで吊り上げる事となりました。

20170115_4.jpg


そして、下に板を敷きます。

20170115_5.jpg


こうした後、バックで戻り、乗り上げ状態を解消する事が出来ました。


奪取後に見てみると、これは絶対に乗り越えてはいけなく、仮に乗り越えたとしたら、抜け出すことは出来ないと感じさせるブロックがありました。

20170115_6.jpg


今回は、ロードアシスタンスの方が早く駆けつけてくれ、対応もとても良かったので、大きな事態になる事はありませんでした。
自動車保険って重要ですね。

ただ、今後はお世話になる事がない様、気をつけて運転していきたいと思います!
posted by 車好き at 08:39| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: