2017年05月31日

車についた擦り傷

ある日、気付くと車に擦り傷がつけられていました。

surikizu_201705.jpg


車をぶつけたりなどは全く思い当たる節がありません。

思い返すと、この傷に気付いた数日前に立体駐車場に1日停めた事がありました。
その立体駐車場は車を仕切る白線の幅がせまく、停めにくいつくりとなっていたので、隣に停めたであろう人が運転を誤りつけたのではないかと思っています。(私が停めたとき、乗り込むときには隣に車はいませんでした)

いつ付いたかも分からず、探しても誰につけられたなどはわからないと思い、とりあえずどう対処しようかを考える事にしました。

傷がついたのは、バンパーだけなので、取り換える事で解決しそうです。

ただ、ちょっと前にサイドステップをぶつけ修理費を払って直したばかりだったので、また修理するのは気持ち的にも金銭的にも厳しいものがあります。

という事もあり、取り替える修理をするのはやめる事にしました。

自分で応急処理をしようかと思います。

その対応については、後日ブログ掲載していこうと思います。

しかし、ショックですね〜

ただ、こうした傷がついていく事で、車に対する意識が少しずつ低くなり、細かな傷がついたときに受けるショックが軽減していくというのもあります。
最初に傷をつけたときはかなりショックでしたしね。
といっても、それに慣れると、どんどんとエスカレートしていくので、これ以上傷をつける事が無いよう、自分で運転をする時には細心の注意を払っていきたいと思います。
今回の様な受け身の傷はどうしようもないですけどね。


その後の対応についてブログ掲載しました
(2017/6/24追記)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: