2017年09月25日

異臭対策で内張りを剥がす対応を取りました

先日のブログ記事で、1年半前に灯油をこぼしの対策の失敗について書かせて頂きました。

以前掲載のブログ記事

要約すると、、

1.2016年3月に灯油をこぼしてしまう

2.灯油吸い取り対策で小麦粉をまく(その時の記事がこちら

3.灯油は、吸い取ったり、内張りを剥がし乾かしたりと軽減するも、それでもある程度残るが、気温の上昇とともに、揮発し解決する

4.2017年5月、後部座席部にたくさんの水がかかる

→ 残っていた小麦粉が腐り、車内が異臭で充満する

というものでした。

内張りを軽く剥がした状態で換気やドライヤーで乾かすなど、色々と対応を取ってみましたが、解決せずにディーラーに持っていきました。

すると、

「内張りはどうしようもない程に臭くなっているので剥がした方が良い」

との事でしたので、剥がす事としました。

後部座席収納状態

201709_1.jpg


座席を上げた状態

201709_2.jpg


この下にたくさんの腐った小麦粉が入っていました。

201709_3.jpg


今回はディーラーの方で座席を外し、その下に入り込んだ腐った小麦粉を除去してもらいました。
点検とともにお願いした事で、この辺りはサービスでやってくれました。
良いディーラーを選んで良かったと思います。

ちなみに、新しいものをつけた場合の正確な金額は聞きませんでしたが、確か1〜2万位だったと思います。
とりあえず、この部分は内張りがなくても支障がないので、当面はそのままにしておく事にしました。

しばらく使ってみて不具合がある様でしたら、次回の点検や車検の時などに合わせてお願いしようかなと思います。
この記事へのコメント
もう買い換えたら?
Posted by ‥ at 2017年11月09日 21:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: