2017年09月25日

異臭対策で内張りを剥がす対応を取りました

先日のブログ記事で、1年半前に灯油をこぼしの対策の失敗について書かせて頂きました。

以前掲載のブログ記事

要約すると、、

1.2016年3月に灯油をこぼしてしまう

2.灯油吸い取り対策で小麦粉をまく(その時の記事がこちら

3.灯油は、吸い取ったり、内張りを剥がし乾かしたりと軽減するも、それでもある程度残るが、気温の上昇とともに、揮発し解決する

4.2017年5月、後部座席部にたくさんの水がかかる

→ 残っていた小麦粉が腐り、車内が異臭で充満する

というものでした。

内張りを軽く剥がした状態で換気やドライヤーで乾かすなど、色々と対応を取ってみましたが、解決せずにディーラーに持っていきました。

すると、

「内張りはどうしようもない程に臭くなっているので剥がした方が良い」

との事でしたので、剥がす事としました。

後部座席収納状態

201709_1.jpg


座席を上げた状態

201709_2.jpg


この下にたくさんの腐った小麦粉が入っていました。

201709_3.jpg


今回はディーラーの方で座席を外し、その下に入り込んだ腐った小麦粉を除去してもらいました。
点検とともにお願いした事で、この辺りはサービスでやってくれました。
良いディーラーを選んで良かったと思います。

ちなみに、新しいものをつけた場合の正確な金額は聞きませんでしたが、確か1〜2万位だったと思います。
とりあえず、この部分は内張りがなくても支障がないので、当面はそのままにしておく事にしました。

しばらく使ってみて不具合がある様でしたら、次回の点検や車検の時などに合わせてお願いしようかなと思います。

2017年06月25日

擦り傷をホンダの純正タッチアップペイントを用いて自分で塗装

先日、車の前方に傷がつけられていました。

傷をつけられた経緯等については過去記事参照

ちなみについていた傷がこちら

20170624_1.jpg

なかなかのもんですね〜

結構目立つのでなかなかショックでした。


まず、良く話に聞くコンパウンドを買ってきて、こすってみました。

すると、少し目立たなくなりました。

20170624_2.jpg


ある程度までいくと、効果がなくなってきました。

「コンパウンドでのこすり過ぎは良くない」

と聞いていたので、この辺りで止めておきました。


でも、まだ少し気になったので、自分でペンを使って塗る事にしました。

購入したのはこちら

ホンダ純正のタッチアップペイント

20170624_3.jpg




使った後の写真

20170624_4.jpg


だいぶ目立たなくなりました。


でも、近くで見ると、、

20170624_5.jpg


色むらがあるのと、凹凸の大きい部分は近くで見ると良く分かります。

ただ、遠目で見るとほとんど分からなくなりました。
購入後2年位が経過し、細かな傷なども結構ついてきたので、この位まで目立たなくなれば、十分かなと満足しています。

塗装業者にお願いしたり、バンパーの交換まではなかなかする気になれないので、コンパウンドとタッチアップペン合わせて二千円弱で応急処理が出来たので、まあ良かったかなと思います。

2017年05月31日

車についた擦り傷

ある日、気付くと車に擦り傷がつけられていました。

surikizu_201705.jpg


車をぶつけたりなどは全く思い当たる節がありません。

思い返すと、この傷に気付いた数日前に立体駐車場に1日停めた事がありました。
その立体駐車場は車を仕切る白線の幅がせまく、停めにくいつくりとなっていたので、隣に停めたであろう人が運転を誤りつけたのではないかと思っています。(私が停めたとき、乗り込むときには隣に車はいませんでした)

いつ付いたかも分からず、探しても誰につけられたなどはわからないと思い、とりあえずどう対処しようかを考える事にしました。

傷がついたのは、バンパーだけなので、取り換える事で解決しそうです。

ただ、ちょっと前にサイドステップをぶつけ修理費を払って直したばかりだったので、また修理するのは気持ち的にも金銭的にも厳しいものがあります。

という事もあり、取り替える修理をするのはやめる事にしました。

自分で応急処理をしようかと思います。

その対応については、後日ブログ掲載していこうと思います。

しかし、ショックですね〜

ただ、こうした傷がついていく事で、車に対する意識が少しずつ低くなり、細かな傷がついたときに受けるショックが軽減していくというのもあります。
最初に傷をつけたときはかなりショックでしたしね。
といっても、それに慣れると、どんどんとエスカレートしていくので、これ以上傷をつける事が無いよう、自分で運転をする時には細心の注意を払っていきたいと思います。
今回の様な受け身の傷はどうしようもないですけどね。


その後の対応についてブログ掲載しました
(2017/6/24追記)